< 1 2 3 4 5 6 7
2021-12-08 22:36:41
単にコートを着て、品位があって温度がありません;ダウンジャケットを着ているだけで、暖かいがオシャレではない。

「コート」と「ダウンジャケット」を合わせて、温度と品格を両立させた「重ね着」スタイルにすると、どんな化学反応が起きるのか。

デイリーや欧米のファッションでは、コート+ダウンジャケットがこの冬のトレンドを盛り上げています。コートの風格にダウンジャケットの温もりで、あたたかさがアップしておしゃれ感も倍増!

今回は、「コート×ダウン」の重ね着テクニック、アイテム選びからコーディネートまで、完璧で詳細な着こなし攻略をご紹介します。

一、デザインを選ぶ

コートとダウンジャケットは、冬の着こなしに人気のあるアイテムですが、スタイルには違いがありますが、同じ季節で、しかも着こなしにおいて重要な役割を担っているアイテム同士がセットになっていると、うまく着こなせないと主客転倒してしまいます。

ですから、「コート×ダウン」を上手に重ね着するには、まずデザインを合わせること。

1.1コート選びの基準

コートはできるだけ廓形を選んで、腰の版型を緩めて、内にダウンジャケットを着る時着ぶくれて唐突に見えることができ(ありえ)ないことを便利にします;生地には強さがあり、ダウンジャケットにフィットしすぎてスタイリングに影響を与えやすい。

小柄な女子学生は中で丈の版型のコートを第一選択にして、及び太ももの位置の長さは身長をつぶしません。

1.2ダウンジャケットの選び方の基準

ダウンジャケットにコートを合わせるときは、着膨れを避けるために、ダウンジャケットはできるだけ軽くて快適な「ライトタイプ」を選びます。

おしゃれで箇性的なスタイルを求める必要はありません。ノーカラー、プルオーバー、フード付きなど、細部にこだわって選ぶダウンジャケットは、襟のタイプによって着心地が大きく異なります。

ダウンベストは一般的なものに加えて、「コートにダウンジャケットを重ね着する」スタイルに人気があり、両手の拘束感が解放され、インナーとしてもアウターとしても、保温効果とファッション効果が期待できます。

その2組み合わせに注意する

2.1コートのインナーにダウンジャケット

ダウンジャケット自体が優れた保温性を備えていて、コートをプラスして、とても良いロック効果を持って、暖かくて快適に着ることができます。

ダウンジャケットを中に着ることで、スタイリング上の着ぶくれ感を脱することができます。全体のスタイリングは温度と品位を両立していますが、肉眼では保温効果よりもファッション性が高いように見えます。

2.2ダウンジャケットのインナーコート

着回しの考え方を変えて、コートをダウンジャケットの中に入れると、全体的にレイヤード感が出てきます。

もちろん、この逆発想のレイヤードは、コートやダウンジャケットの長さを意識するのがポイントです。長身の女性なら「内丈外短」でも「外丈内短」でも難なくこなすことができます。

小柄な女子学生は、コートの長さの要求は、"腰よりも股ぐら"、コートダウンジャケットの長さよりもコートよりも短い、そうでなければ、背の短い板を露出し、全体的な形よりも低いように見える。

2.3コートはダウンジャケットと同色

コートとダウンジャケットは、素材やスタイルが異なるアイテムなので、合わせても浮かないように、なるべく同色にすることでグラデーションを作ることができます。

たとえば、黒のコートに黒のダウンジャケットを着れば、同系色がどれかのアイテムを奪うことはありません。白シャツ、ブルージーンズで黒のモノトーンを削ぎ、黒のマーチンブーツで上下の配色を合わせ、シンプルでグラデーションのあるデザインに仕上げた。

2.4ダウンジャケットをアクセントにする

無地やダークカラーをベースにしたものなら、明るい色系やデザイン性のあるダウンジャケットをチョイスして、全身のアクセントにすることで、レイヤー感をアップさせたり、見た目を明るくしたりすることができます。Read more at: https://www.formaldressuk.com/collections/yellow-prom-dresses | https://www.formaldressuk.com/collections/purple-prom-dresses


コメント数:(0) カテゴリ:fashion 22:36:41
2021-12-06 18:37:48

40代や50代の女は白黒ばかり着るな


黒や白のコートは、女性のワードローブの中では重要な割合を占めることができますが、誰もが使っていると、そのコートに特徴がなく、イメージも薄くなってしまいます。40代、50代の女性なら、冬に試してみてほしいグリーンのアイテムは、生気を感じさせ、年齢を落としてアピールするアイテムです。


01


さまざまな色合いの緑のコート


コートを永遠に着こなすのが大きな主役、色彩の運用で、黒と白を除いてみのグリーンも揺るぎは、结局この色を突破できる冴えわたる冬の雰囲気が、また一扫が暗いの重い服による顕老問題、元気を個人の値を引き上げ、さらに元気に見えるが、もっと若い。


このグリーンのコートは、質感があって超高級なアイテムで、人の間でもひと目で見られる存在です。内にブルーを合わせるのも、2つのフレッシュな色を組み合わせることで、フレッシュな魅力を何倍にも増幅させ、シンプルな着こなしの中にも高級感のある目の保養という特徴があります。


40代、50代の女性なら、黒にこだわらなくても、ときには色を変えることで、魅力や色気をプラスしてくれる色がたくさんあることに気づくでしょう。グリーンのコートは、色調に合わせて、薄く、さらに年齢を落とし、濃くすると落ち着きが出ます。


このグリーンのロングコートのように、重厚な美しさがありますが、黒のように堅苦しい雰囲気にはなりません。腰の帯を引き締め、かつ高くすることで、女性の腰がより細く、比率がより長く見えるようになり、スカートに合わせて、端正で優雅な画風を作り出すことで、女性の美を一瞬でも開花させることができます。


黒や白のコート以外にも、グリーンのコートはクロゼットの中でも重要な位置を占めます。豊かな色でワードローブを埋めてもいいですし、洋服のスタイルを変えてさまざまなスタイルを作ることもできます。


このグリーンのコートのように、それは少しすっきりしていることができて、それは形の設定が比較的セクシーで、とても率直な雰囲気があるため、1種の自由奔放な雰囲気を作り出すことができます。しかし、黒のハーフスカートを組み合わせることで、このクラシックなスカートのデザインを利用して上品さを演出することができます。


冬にはダウンジャケットの様々なスタイルの助力を欠かすことができなくて、それらは確かに女性に快適に1つの寒い冬を過ごすことができて、しかし、ほとんどの人は黒を采用して、ダウンジャケットを着ることができますシンプル無比で、適当な緑色の短いモデルのダウンジャケットに変えることができます。


服装を合わせる時、一方で造形はとても真実で、とても接地している気がすることに見えて、一方で、同じく膝の上のスカートとの結合を借りることができて、比例に対して、体つきに対しての美化作用を醸し出すことに来ます。


02


グリーンの膝丈スカートでエレガントな雰囲気に


40代、50代の女性には、必ず着こなしにポイント、つまり普段の好みがあります。彼女たちのスカートの利用は、白か黒に限定されていると、箇人のスタイルに独特の見栄えがなくなりがちです。この冬は、グリーンのひざ下スカートを試してみてはいかがでしょうか。


このスカートを例にとると、脚を包み込むようなデザインで、中に黒のタイツを重ねることで、色のパッチワークがうまく調和します。そうすれば、黒のアイテムを扱うときに緑のクッションがあるので、見ていても息苦しさを抑えられます。


五十歳前后の女性なら、グリーンの傘スカートを采用すると、端正な雰囲気を醸し出すことができ、貴顕的な着こなしにもなりますし、何よりも、脚へのアレンジ効果が普通のスラックスよりも強くなります。


この婦人の采用したのは黒い上着と緑色の半スカートの配合で、緑色が一定の割合を占めたため、五分五分に開いた様式を現して、全体の黒い面積を占めて減ることができ(ありえ)て、現れたのは1種の非常にシンプルな大気の風采で、その上年齢を選ばないで、人も選ばない。


03


グリーンアイテムに明確な年齢制限はない


女性の服選びは年齢によって絞り込まれていくものですが、年齢が上がったからといって心配しすぎるのではなく、気をつけて見つければ、黒や白以外にも取り入れられるアイテムが見つかるはずです。


グリーンのアイテムには明確な年齢制限はありません。日本のモデル、大草直子さんは、女性の落ち着いた魅力とキャリアを際立たせる色のグリーンのハーフスカートを着用しています。


女性は四十代でも五十代でも、グリーンのアイテムをいくつか用意しておくことができますが、その中でもグリーンのハーフスカートは年中使えるので夏は上品さを、冬は裾を活用して服の間にある厚みを和らげることができます。


このグリーンのレースのハーフスカートは、大人の女性が乗りこなすには抜群の味わいがあります。膝までの長さで、繊細でテクスチャー感のある見た目になっています。Read more at:cheap formal dresses uk | unique prom dresses uk



コメント数:(0) カテゴリ:fashion 18:37:48
2021-11-30 19:14:46

冬のインナーは黒ではなく「カラー系ニット」がオシャレ


本当に服を着ることができる中年の女性はすべて形が全体を見ることを理解して、特に冬で、組み合わせはもともと比較的ややこしくて、インナー、ボトムス、靴と細部の処理を重視して初めて暖かさとモダンさを両立することができて、特にインナーの選択。


黒のボトムに合わせることに慣れている人も多いようですが、黒のボトムを着ると痩せやすいのですが、着すぎてしまうと美に疲れてしまい、アクセントがなくなってしまいます。そんなときは、カラー系ニットでおしゃれ感をアップ。この冬のインナーは黒ではなく、「カラー系ニット」がオシャレです。年齢を落としても高見え。素人ブロガーの妖ちゃんのコーディネートを見てみましょう!


その1なぜカラー系ニットを選ぶのか?


前にも述べましたが、黒のタイツは実用的なのにアクセントがなく、ただでさえ暗くて暗い冬場は彩りが出にくいものですが、カラー系ニットは保温性に加えて、息苦しさも解消してくれます。


理屈は簡単で、黒などのベースカラーよりも、エメラルド、レトロレッド、ジンジャーイエロー、レイクブルー、クレインブルーなどのカラー系のほうが目を引きますし、冬場はジャケットの中に入れておくと、冬の寒さをそらすことができます。


小柄女子にも優しいコーデです。カラー系ニットで目線をそらすことで、全体的にスタイリングの重心がアップし、高見え&減齢に。


その2細部を組み合わせる


カラー系ニットを冬アウターのインナーに取り入れることでおしゃれ感をアップさせることができますが、中年女が気をつけてコーディネートしたいポイントがあります。


1、カラー系ニットでアイテムを選ぶ


カラー系ニットは色が明るくて、もともと十分に目立つため、スタイルの上で、いくつかのシンプルでおっとりしていて、型の適当な純粋な色のニットを選んで、巧妙に服装の邪魔を解消します。


またカットソーの色は、チェリー、ジンジャー、クリーム、エメラルド、クレインブルーなどが、鮮やかで美しくて素敵です。


2、呼応する


冬場は、ニットに合わせたカラー系のソックスを選ぶなど、目立たないものを工夫することでおしゃれに見えます。


もちろん、重ね着や「明暗合わせ」の組み合わせでスタイリングを豊かにすることもできます。


三、組み合わせの手本を示す


使いやすいからと黒のタイツを選ぶ人が多いようですが、カラー系のニットも同じように使いやすいですし、冬のアウターにもぴったりです。


1、革ジャン


ショートコートの颯爽としたスタイルが好きだけど、タフな着こなしが気になるなら、カラー系カーディガンで強さを調節してみては?


黒のショートコートのように赤いニットを選ぶことができて、赤+黒の配色はレトロで目立つことができて、明と暗の対比も鮮明な層感を出すことができます。


2、スーツ


サラリーマンのワードローブにはウールのスーツが欠かせません。黒のカシミアを組み合わせるのはキツすぎるという気がするので、カラー系のニットでバランスをとってみてはいかがでしょうか。


カーキ色のスーツなら、レトロで上品な色合いのエメラルドニットがおすすめです。


3、ダウンジャケット


冷たい風が吹きすさぶ冬、ダウンジャケットがなければクローゼットの中では済まない。丈の短い黒のダウンジャケットを選ぶと、背を抑えずに細身に見えます。ストレートの九分丈パンツを合わせれば、小柄でもバランスが取れます。


着合わせはカラー系ニットの中に白のボトムTシャツを重ねて、レイヤード感たっぷりに。


4、コート


カラー系ニットはダッフルコートやミドル丈のダッフルコートなども似合いますが、内側と外側の配色を重視して、黒のコートなら赤やキャラメル色のニットを組み合わせて温かみをアップするのがおすすめです。


白やライトグレー、オートベージュのコートなら、クレインブルーのニットでクールな雰囲気を強調しましょう。


その4靴選び


冬コートにカラー系ニットを組み合わせることをおすすめするのは、くぐもった着こなしやスタイルの重心を上げることができるうえに、非常に使えるからです。


1、ショートブーツ


たとえば冬なら、ショートブーツでもスニーカーでもズックでも間違いなく、靴の形を変えることができる。


クールでスタイリッシュなスタイルが好きなら、チェルシーブーツが断然第一選択です。カラー系ソックスを合わせて、おしゃれ感を出して着こなします。


2、スニーカー


普段着やカジュアルファッションが好きなら、スニーカーを試してみましょう。カラー系タイツとマッチしたスニーカーがベストです。コーディネート感を強めながら、年齢を落としてくれます。Read more at: prom dresses uk online | cheap prom dresses



コメント数:(0) カテゴリ:fashion 19:14:46
2021-10-27 22:36:47
トレンチコートは秋冬の装いの体裁ですから、毎年流行するこの色を用意しておきましょう。

秋の雨と寒さ、そろそろ秋の着こなしの准備をしておきましょう。秋一番のアウターは、ニットかジャケットかブレザーかトレンチコートか。大部分の人は、パワフルなオーラを支えてくれるロングコートの方がかっこいいと思います。

ウインドブレーカーの属性は多すぎて、風格百変、気品の上、気品百合など。秋にはトレンチコートを着なければ完璧ではないと言われるほどだ。しかし、トレンチコートはコーディネートにもこだわりがあり、定番として色選びが重要です。今日は、トレンチコート18着をご紹介します。大人の女性のオーラ、優雅で自然、それが大人の魅力です。

秋冬の季節、大地の色はいつも間違いがないので、毎回この時に、大地の色の色のウインドブレーカーはいつも愛されて、その中の古典的なカーキ色の塹壕型のウインドブレーカー、同様に多くの流行の精の最愛になりました。カーキは、上品で知的でおしゃれな色です。特にコーディネート性が高く、端正でフォーマルにも、カジュアルにもおしゃれにも使えます。カーキ色のトレンチコートはただの流行ではなく、毎年着ているので流行遅れにならない定番だし、特に色っぽい女性には友好的で、いくら着ても流行遅れにはならない。

長い金のカーキ色のウインドブレーカー、古典的な単排のデザインはレトロな味を明らかにして、腰の周りに身を引き締めるベルトに加入することができて、あなたに良い体つきの曲線を着て尽させます。個性的で気品も失わない。コーディネートは、水色のブラウスや紺のハーフスカートなど、上品で女性らしく、職場で着るのに適しています。シンプルなジーンズに合わせて、カジュアルを多めにしてカジュアルな感じに。

アース系はソフトで淡い色合いなので、軽め以上の女性には上品で知的な魅力があります。カーキのほかに、ブラウンやコーヒーも定番です。カレー色のトレンチコートも大地の色の系統に属して、高級感を持参して、白い綿のTを合わせて比較的に白くて、同じくミリタリーグリーンの綿のTを合わせることができて、いくつかのしゃれた感を多くして、1本のジーンズを合わせて、大気洒脱な範児、分で通行人の感を脱します。

黒は高級色ですから、黒のコートのほうが雰囲気が大人っぽくて質感があります。もちろん、扱いも難しいものです。特にロングのコートは知的な魅力がありますし、スタイルにも味が出る必要があります。黒一色だとどうしても重苦しいので、白と白のストライプTシャツのように明るい色を選んでコーディネートすると、堅苦しくないカジュアルなスタイルになりますし、赤と白は明るさの高いトーンなので、見た目もすっきりします。

グレーはその人の服のセンスをチェックする最高の「問題」です。女を着るのが必ずしも完璧な颜で、しかし彼女はきっと上手には灰色のミモレスカート。多くの時は、灰色のは我々が無視され、実は饰としての時は、灰色の我々の服に満ちていた。深みのあるグレーの色合いは上品で、デリケートで見栄えがよく、定番のベースカラーとして、派手で媚びない。軽い熟女性にとって、いいミモレスカート、灰色のコートの白のtシャツを合わせた全体の服、安易に見える简洁大方、职场の女性に合うか、下半身の選択アイボリーの半スカート优雅大人の魅力が目立つ。

控えめで知的な感じのネイビーのコートは、高級感のある色でもあり、着やせ効果抜群なので、ぽっちゃり女子にもおすすめです。ライトブルーのシャツとネイビーのワイドパンツを合わせて、同系色で高級感を演出。パーカ、秋冬服の饰りとして、毎年流行の数人の色、準備を始めたが、あなたの準備はできた?Read more at: formaldressuk.com


コメント数:(0) カテゴリ:fashion 22:36:47
< 1 2 3 4 5 6 7