My Homepage http://matildaed.kabu-blo.com Welcome to my homepage ja Attitudes toward fashion and beauty adjust with age There are certain body parts that resist change as years accumulate. They are long overdue for recognition. Ignore hair and skip past the face. Hair loses its oomph due to adherence to the silly-sometimes-outrageous whims and acrobatics of style, and, while interesting, the face constantly changes as a moving picture of life lived over the years – for better or worse.


So, let’s start with underappreciated earlobes. Unadorned ears are funny-looking, but add earrings, and a new world opens. Men and women alike know the appeal, and some have made their weird auditory appendages a daily celebration in hoops, studs and whatnot. As for jewelry, the old rule not to overdo still holds. It is a wise person who, after scrutiny in the mirror, edits and eliminates something.


As a college freshman, I suddenly, overwhelmingly, immediately had to have pierced ears, but needed to frantically call upon my dad to help get the needle all the way through the tough skin. I still have those engraved hoops. Thanks to the pandemic and ear-loop masks, and a hearing aid with battery apparatus riding behind the ear (in danger of being ripped off), I had to eliminate earrings from my daily program.


And now let’s analyze wrists. As willing canvases for cologne, bracelets and watches, they really do know how to hold their own and keep up appearances. I have owned many wearable time-pieces, but since retiring from work, I’m my own time clock. Wrists cry out for adornment, though, and while most of my bracelets are costume baubles, there are a few good pieces, gifts from my husband. Like Blanche du Bois in “A Streetcar Named Desire,” I occasionally try on and model my collection for an audience of one. Please don’t judge.


For dress-up occasions, a single strand of pearls is my go-to. Why would any lady over the age of forty purposely call attention to her neck? As necks go, mine is not the worst. It has served me well, but tight and swanlike it is not. Pearls are elegant and classic. They remind me of happy times, sorority-composite cameos and can turn a bland day into, if not a party, something special. I ignore warnings not to wear pearls whiter than my teeth. Thanks to my hygienist, mine are white enough not to do battle with my pearls of choice.


Despite rumors about feet not gaining weight, they are fickle beings. They delight in changing with age and mileage. My head says: Buy shoes anyway. I love off-beat shoes and haunt sales racks where the best, unusual, flat-heeled ones lurk. Since my go-to foot apparel is sneakers, I never use up my special shoes, I just donate them when they go out of favor. One of the saddest days of my life was loading boxes of the great-quality high heels I’d worn to work. I still get choked up remembering those eye-catching dressy shoes of my past. Age, joint and disk replacements drove nails into that fancy coffin.


This essay is a tribute to my long-departed mom, Olive Kelley. She never went to town without buying the latest in sandals, scuffs, slippers or pretty lace-ups for her young daughters to wear to church and school. She also purchased the best dime-store jewelry, socks and accessories. Luckily, I have an understanding husband who never questions why I need five pairs of shoes imprinted with dog images, even without my mentioning that a portion of those sales went to a dog rescue program. And just knowing my colorful collections exist is enough to fill me with joy.Read more at:red prom dresses uk | black prom dresses uk

]]>
http://matildaed.kabu-blo.com/detail.php?blog_id=7660 2022-08-03 23:38:20
Fashion designer Anita Dongre on her collection Homage Inspired by traditional art and architecture, and created for a muse who defies the pressure to either conform to or break free of societal expectations, fashion designer Anita Dongre’s ‘Homage’ is an ode to a rich architectural history that is at once shape-shifting and inclusive. The collection reinterprets motifs and details in a range of crafts and techniques including Bandhini and Benarasi.


‘Homage’ spotlights alchemical shapes and patterns that transcend time. The juxta positioned curves of architecture and their linear historic ruin are brought to life by Serena Jethmalani, a young lawyer whose passion lies in the intersection of law and human rights. The geometry and play of colour on ancient tiles are modelled by Tiana Taraporvala who uses music as a medium to make people feel an emotional catharsis through her stories. Etchings that tell forgotten but distinct stories shine in the light of Sara Tendulkar who has a deep passion for research in the biosciences. With her organisational skills and intuitive mind, she has contributed in the development of skincare products with an international company. Rhea Kuruvilla who recognises how the industry of art is heavily dominated by men, has made it her mission to advocate harder for female-identifying South Asian artists, curators, and critics- it is her energy that brings the pieces in this collection inspired by tangible reminders of lives past- the documented and undocumented to the present. Alaviaa Jaaferi, a fashion influencer, and entrepreneur lends her charm to highlight the transience of time- in architecture and human will. In each piece photographed the woman featured has chosen elements to customise her lehenga and make it her own– a service long cherished by Anita Dongre brides.


Anita Dongre’s stories with craft and bespoke services which include customisation make every piece uniquely personalised. Incorporating a special colour, a word or piece of text of shared meaning, or any elements that personalises a piece to its wearer has added to the special occasion each lehenga is chosen for. Adding a bride’s personal story to a signature design gives each piece a place in time. In ‘Homage’ the old and new step into the sun together, hand in hand.


Shot at the breath-taking Six Senses Fort Barwara in Rajasthan, ‘Homage’ by Anita Dongre features handpainted Pichwai, signature gota patti, handwoven benarasi, and bandhani, in a rich palette of forest greens, blush pinks, fiery reds, sunset purples, and soothing creams and blues. Six Senses Fort Barwara made a natural choice for this display given a shared commitment to sustainability, treasuring of local craft and community.


Says Anita Dongre, “Homage is a true marriage of the old and the new in form and function, each of these intricately-detailed lehengas, tells a unique story of craft and culture. We worked with master artisans to recreate quintessential motifs in an array of crafts and colour, and shot with young women who are so deeply their own person. All of this against the beautiful backdrop of Six Senses Fort Barwara, a 14th-century fort sensitively restored through significant conservation efforts. The design of Six Senses Fort Barwara in Rajasthan reinterprets the gracious and regal ambience of a bygone era dating back 700 years.”Read more at:gold prom dresses uk | grey prom dress uk

]]>
http://matildaed.kabu-blo.com/detail.php?blog_id=7619 2022-07-29 14:02:31
Nomad fashion show mixes ancient, modern On the shore of one of the world's deepest lakes, high up in Kyrgyzstan's Tian Shan mountains, models strutted and sashayed in outfits mixing the ancient and modern at the World Nomads Fashion festival.


The event, now in its third year, drew designers and fashion-industry figures from about 20 countries to shimmering Lake Issyk-Kul to admire outfits drawing on Kyrgyzstan's millennia-old nomadic culture.


The stiletto heels worn by some models wouldn't be suitable for a proper nomad, but some of their elaborate headdresses that seemed to mimic the horns of cattle were takes on traditional nomad costume. Swirling, voluminous skirts featured in many of the outfits, either elaborately patterned or in blocks of vivid color.


Along with the couture, the show offered visitors the chance to see an array of yurts — the wood-framed tents of skin or felt characteristic of nomads — and brightly colored carpets.Read more at:white formal dress uk | yellow prom dresses uk

]]>
http://matildaed.kabu-blo.com/detail.php?blog_id=7557 2022-07-25 00:02:11
ワンピースは「足を隠しても足首を隠しても」痩せて上品に見える ワンピースは「足を隠しても足首を隠しても」痩せて上品に見える


夏になると、さまざまなタイプのワンピースが主な「ゲスト」になります。それぞれの顔は違っていて、女性は自分のニーズに合わせて選ぶことができます。大人の女性におすすめなのは、ワンピースを選ぶときは、丈が長すぎるタイプをメインにするのではなく、太ももは隠しても足首は隠していないスカートのアイテムを選ぶと、見た目にも気品が出てきます。


01


足首のラインを生かしてダラダラ感を減らす


ワンピースの裾が長すぎたり、地面にもたれかかったりすると、余計にだらだらして見えるし、重心が低くなって、すらりとした姿には見えません。くるぶしのラインを際立たせるアイテムを選ぶと、体の大きな部分を細く見せることができ、着やせ効果もアップします。


この白いワンピースは、突出しているわけでも、目立つ存在でもないのですが、きれいに見える色ほど、無数にピンクがついています。足首のラインが出て、軽く見える。


ワンピースを選ぶにしても、それほど多くのステップや難易度があるわけではありませんが、足首のラインをアクセントにするように、ふくらはぎまでカバーするスカートアイテムを選ぶといいでしょう。


このシャツのスカート、それは最も簡約な設計を含んで、人々の服装に特別な経典の大方になることができて、このようなスカートは明らかにするのは流畅な脚の線で、しかしまたぶよぶよした太ももの位置を現して現れることができません。全体としては扱いやすいアイテムです。


ワンピースを選ぶときにはっきりした考えがない場合は、無地のドレスとプリントのワンピースを用意します。これは、あまりに画一的な色の選び方をすると、目の疲れがひどくなるからです。ときには色を変えたり、ドレスを変えたりしてこそ、多様なスタイルを手に入れることができる。


このシンプルな白のプリントワンピースも、女性らしい細い足首のラインを引き立てて、こざっ張り感と気品をプラスしてくれます。スカート全体のプリントアイテム選びが派手すぎず、派手感が出る確率は低い。


02


色の選択に制限はない


ワンピースはあくまでも女性のおしゃれな着こなしを手っ取り早くサポートしてくれるアイテムであり、エレガントな雰囲気を演出してくれるので、多くの女性はそれに抵抗しすぎない。具体的な色選びでも、黒にこだわりすぎない、白一色にしないなど、色の選択肢に制限がないということは、女性が着る可能性が無数にあることを意味します。


このベージュのワンピースは、裾の位置にシフォンが入っているのが特徴で、グラデーションの美しさとおぼろげな美しさが加わります。全体のスカートの設計は大方でシンプルで、着て出勤してもとても適して、肩の髪をつけて、婉婉な気質を際立たせます。


女性の肌色に合わせた色を選び、それ以外にも、なるべく新しい色を選んで、似たりよたりとしすぎないようにしましょう。おなじみの白や黒以外にも、気前がよくて高級感のあるカラーワンピースもおすすめですが、選ぶのはちょっとハードルが高くなりますが、選択肢が広がります。


このひらひらした紫色のワンピースのように、ロマンチックな雰囲気と優雅な雰囲気をいっぱい出すことができます。スカートの色が派手すぎたり派手すぎたりすることなく、静かに優しさを物語る。このスカートは腕を覆う効果があり、ぜい肉を隠すことができる。スカートもくるぶしのラインがすっぽりと隠れることがなく、やせ細って見える。


03


帯を合わせてフェアなラインに


できる大人の女性にとって、ワンピースは、往々彼女にもっと元気のいい雰囲気に、選挙のモデルの時は、裾を利用して、足首の上のワンピース、収穫しなければさらにきれいな比例や淑やかな曲線を帯のスカートを持つアイテム选することもできる。


この条薄茶色のワンピースを誰が飲酒運転、が一つ减齢の感覚を見せていると軽快なスタイル。、それを帯の存在感を明らかにできるて蝶结びに、余裕の服装の外見は、服装の立体感を増加した。


帯の加入は、スカートが分割させるための二つの面に乗り出せる上短い長いプレート、才能を有効に、ボディーラインを美化し、体つきの比例に対する有効な饰り。


ワンピースの選択案はならない一辺倒ではなく、有効な変化する、この条の水色のワンピースのような、それは人を忌避の存在ではなく、むしろみんなきれいな色に対する心生が好む。ベルトが貫通することで、女性の細身になりやすくなります。


ワンピースを選択し、ひたすらない长い広いデザインの中心に、ある时は、選挙のモデルのずさんな、増える造形ミスの確率は、膝が足首を起用したスカートできるアイテム。


どんなにスカートの色が、膝の下にスカートの裾が到着すれば、一番简単な帯に合わせ、比例のナイスを行なう。結合できるこのプリントスカートのように、黒い帯、より優れた轮郭を見せた。Read more at:fishtail prom dress | burgundy prom dresses uk

]]>
http://matildaed.kabu-blo.com/detail.php?blog_id=7535 2022-07-20 23:59:24
大人の女性に似合うエレガントな着こなし 大人の女性に似合うエレガントな着こなし


成熟した女性の服装の面で必ず一定の原則を守って、例えばズボンは幅が広くてきつくていないことを着て、スカートは長くて短くていないことを着て、これらの服装の習慣は彼女たちを助けて揚長避短の効果を達成することができます。以下は、大人の女性に似合うおしゃれです。派手な色を使って雑なつくりにしたり、老けさせたりせず、おっとりとしていて痩せて見えます。


ズボンはきついものより広いものを選ぶ


パンツは季節によって形を変えることができますが、夏になってからは、ゆったりとしたパンツを選ぶようにしましょう。タイトすぎるパンツは肌に密着して蒸れやすいからです。パンツの長さにかかわらず、できるだけ幅の広いタイプを選ぶといいでしょう。


この黒のパンツは、派手に見える存在で、目立たない形に仕上げていますが、女性が痩せて見えるのには十分です。このズボンはゆったりとした裾のつなぎを備えていて、脚の手入れの作用を作り出して、細いベルトがあって、構造の著しいウエスト、体型に対してほぼ最適化を行いやすいです。


ゆったりとしたパンツスタイルは、脚のキズや短所を簡単に隠すことができるだけでなく、女性が緊張感や拘束感を感じない快適な服装を作るのにも役立ちます。


このグリーンのゆったりパンツは、カジュアル感を演出してくれます。パンツの色選びも、堅苦しくなりすぎたり、白や黒に頼りすぎたりすることなく、シンプルでパワフルな色を選ぶと、年齢を落とした着こなしになります。上半身は色使いが派手すぎない五分袖Tシャツを合わせて、女性にも心地よい雰囲気を感じさせるスタイリングに。


パンツの幅が違ったり、色が大きく違ったりするほか、さまざまなタイプのパンツが楽しめる。黒のスキニーパンツだけではなく、モノトーンになりすぎないように、グリーンのブレザーに変えてもいいでしょう。グリーンの元気な雰囲気とブレザーの洗練さを融合させたパンツアイテムで、40代の女性をおしゃれに仕上げることができます。


パンツ全体がだぶだぶになることはありませんが、脚のキズを直すためのスペースを確保することができます。上半身はゆったりとした服装に合わせて、シンプルなスタイリングに。こちらはゆったりとした黒のアイテムで、上半身を縮ませています。


スカートの丈を短め着长着ない


多くの女性はスカートに征服されると信じて、これはスカートは彼女たちの優雅さを全面的に揮発させることができて、彼女たちを助けることができて満杯な雰囲気を出して、組み合わせの出てくる造形のあまり同質性がありません。スカートは、女性の足の傷を最大限カバーするために、丈の長いものを着用しましょう。


具体的なスカートの選び方には、女性も豊富な選択肢があります。この白い膝丈スカートは、色の対照的な黒の上着と合わせることができます。ウエストの境目も目立つので、大振りに着ることができます。配色は決して複雑ではありません。


スカートの色は、あまりこだわったり、気をつけたりする必要はありませんが、肌の色から遠いので、黒っぽく見えたり、血色が悪く見えたりといったさまざまな問題にはなりません。


甘めのスタイルや夢のような雰囲気が好きな方は、ふんわりとしたピンクの膝丈スカートをお選びください。スカートはレースの生地を維持することができて、生地は更に薄くて薄くて、単品は更に通気性があって、着心地が更に良くなります。こちらのアイテムも、同じように淡いトーンのトップスを合わせて、ふんわり感を強めて。


丈の長いスカートアイテムは、女性のふくらはぎのラインをシンプルにカバーするだけでなく、4つの季節に通用するアイテムとして頻繁に登場し、大きな価値を発揮します。


例えば、このライトブルーのウエストの高いスカートは、さわやかで上品な雰囲気を作ることができます。上半身に白いリボンシャツを着れば、知的な雰囲気を演出することもできますし、通勤に着ても、無理をすることもありません。


シンプルで軽やかでスタイルアップ効果が期待できるハーフスカートは欠かせませんが、大人の女性には、軽熟の魅力とさまざまなスタイルを開花させるメリットがあります。


紺色のシフォンのひざ下スカートは、落ち着いた雰囲気を演出しますが、どんよりとした黒よりも息苦しさが少なく、レイヤード感のある白のトップスは、高級感と気前の良さがあります。


膝丈ワンピース+スニーカーで自然に


おしゃれ上手な女性は、洋服ダンスの中にスカートアイテムや丈の違うアイテムを用意しているはずですが、膝丈ワンピースは着やすく、着やせ効果も手軽にゲットできます。靴の選び方は、ハイヒールを履くか、スニーカーを選ぶと履き心地がよくなります。


この紫の膝丈ワンピースのように、色のつながりが幻想的な雰囲気を醸し出します。動きのあるスニーカーを加えることで、柔らかさを軽減し、カジュアルな雰囲気を加えることができます。Read more at:online prom dresses uk | prom dresses uk online

]]>
http://matildaed.kabu-blo.com/detail.php?blog_id=7517 2022-07-18 21:33:55